• ホーム
  • ニキビ跡が自然に消えることはあるの?

ニキビ跡が自然に消えることはあるの?

肌がきれいなので、嬉しく微笑む女性

ニキビができているときは赤味や炎症が気になるところですが、ニキビが治ってからもニキビ跡が残ってしまう場合もあります。
ニキビがあった部分が色素沈着し、シミのように残ってしまう場合もありますし、大きなニキビがあった部分や潰してしまった場合などはその部分がクレーターのように残ってしまうこともあるものです。
そしてこうしたニキビ跡は自然に消滅することはありえるのかということになりますが、比較的症状の軽いものなら、いつの間にか目立たなくなっていることもあります。
若い世代の場合は肌のターンオーバーも順調に働いていますので、皮膚も再生されやすく、自然に回復できることもあるものです。
そして年齢とともにこうした機能は衰えていきますので、30代以降の大人ニキビで悩んでいる場合は、ターンオーバーが順調に行われず、いつまでもニキビ跡が残ってしまう場合もあります。
こうした場合もスキンケアを丁寧に行うことで少しずつ回復していきますが、より早く治したい場合は医療機関に相談することも考えてみましょう。
医療機関では薬による治療はもちろん、ケミカルピーリングで古い皮膚を剥がすこともできますし、即効性を求めるならレーザー治療なども良い効果を得ることができます。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿